2017年07月01日

岩木山のふもとに涌く、白濁天然温泉 岩木山麓・嶽温泉 小島旅館 青森県

小島旅館は
DSC_2363_900_600.jpg
日本百名山の岩木山のふもとの宿です。嶽温泉の白く濁った濃厚な温泉を100%源泉かけ流しで湯をお楽しみいただけます。
また安くて、旨くて気軽に利用できる宿を心がけております。

嶽温泉について
傷ついたキツネが湯あみをしていたことから発見されたと伝えられる嶽温泉は、350年の昔から津軽地方の湯治場として親しまれてきました。
古よりの伝統のお湯を充分にお楽しみくださいませ。

白く濁った濃厚な温泉
10960353_854616641263500_7440691431208383074_o.jpg
嶽温泉は岩木山からあふれた、白く濁った濃厚な温泉が自慢です。
100%源泉かけ流しのいで湯をお楽しみいただけます。
岩木山の恵みを肌で感じ、日頃の疲れを癒してください。
DSC_1150_900.jpg
男湯・女湯は同様のお風呂です。

入浴時間について
清掃時間を除いて24時間入浴可です。
毎日8:30から10:00が清掃の時間となります。

泉質と効能
嶽温泉は、350年前の昔から津軽地方の湯治場として親しまれてきました。
白濁した硫黄を含む酸性泉が青森ヒバの湯船にあふれています。
古よりの伝統のお湯を充分お楽しみください。
小島旅館は100%源泉かけ流しです。

泉質 硫黄泉
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、皮膚病、切り傷など


地産品をふんだんに使った料理も自慢です
DSC_2373_900_600.jpg
小島旅館は「安くて旨い」がモットーです。
夕食は地産品をふんだんに使った料理がでます。

前菜・天ぷら・お刺身・陶板焼き・煮物・山菜・土瓶蒸しなどの料理をお楽しみください。
(お料理の内容は宿泊プランによって異なります)

嶽キミ(とうもろこし)
びっくりしますよ、このトウモロコシ
DSC_2450_900_600.jpg
嶽高原特産のあま〜い「嶽キミ(とうもろこし)」(9月、10月ごろ)、または地産の糖度の高いぶどう「スチューベン」など季節の果物を楽しむこともできます。
また、青森とくればリンゴが有名ですが、焼いたのはいかがですか?
DSC_3126_1200.jpg-nggid0212-ngg0dyn-256x0-00f0w010c010r110f110r010t010.jpg

朝食
朝食では津軽地方名物「貝焼き味噌」をご用意します。
kaiyaki01.jpg
貝焼き味噌は、大きくて底の深いホタテ貝を器にみたて、味噌と一緒に細かく刻んだねぎ、豆腐などを入れ、とき卵をして直火にかけます。
陸奥湾周辺の郷土料理であり、小島旅館の朝の人気料理でもあります。

この地方では病後、産後など食の進まないときにすすめられてきました。
目の前の食膳で火にかけられるので、芳ばしいにおいが立ち上り、食欲をそそられます。
貝から出汁がでて美味しいですよ。
ご飯にのせてガツガツといっちゃってください。

青森の地酒
津軽のお米と伏流水にこだわりました。
ちょっと贅沢な晩酌を楽しんで頂きたいお酒です。
DSC_2437_900_600-300x200.jpg
◆吟醸酒 じょっぱり(六花酒造)
清爽な辛口、鮮やかな吟醸香があふれ、飲む人を魅了します。
◆特別純米酒 安東水軍(尾崎酒造)
やや辛口の純米酒でスッキリした呑みくちです。

そして、せっかくここまで来たのならこの山も登ってみましょう

岩木山スカイライン
skyline.jpg
「津軽富士」と呼ばれ、古くから人々に親しまれてきた岩木山。その麓から8合目までを結びます。


この宿はオンライン予約ができます
インターネット予約でポイントやクーポンなどお得にどうぞ

楽天トラベルでの予約はこちらからどうぞ
下記画像をクリック
↓ ↓ ↓

posted by さくたろう at 00:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ 参加しています、クリック協力お願いします。